So-net無料ブログ作成
第5回「東アフリカ・神秘の古代湖 ~怪魚たちの大 ブログトップ

ホットスポット 最後の楽園 第5回「東アフリカ・神秘の古代湖 ~怪魚たちの大進化~」  [第5回「東アフリカ・神秘の古代湖 ~怪魚たちの大]

第5回「東アフリカ・神秘の古代湖 ~怪魚たちの大進化~」 

第5回「東アフリカ編」が放送されました。


今回も、「福山雅治」さんは、旅人ではありませんでした。


冒頭の「福山雅治」さんのナレーションをメモしました。
(間違っている箇所があるかもしれませんが....)


次々と呑み込まれていく小魚たち、今度は吐き出された。一体何が起きているのだろうか?アフリカにある不思議な湖、ここには奇想天外な魚たちの世界がある。貝をめぐって日夜バトルをくりひろげるもの、襲い掛かるギャング集団、巨大魚のペアが必死で立ち向かう。こちらは、獲物を一のみにする大ナマズ。驚くなかれ、獰猛なナマズが見せるのは、哺乳類も顔負けの愛情こまやかな子育てだ。世にも奇妙な魚たち、一体どのようにして、誕生したのだろうか?


ナレーション終了(全編で共通する部分省略)


今日の舞台は、「東アフリカ」



大きな地図で見る


東アフリカには、南北に縦断する大地溝帯があり、
その裂け目は、6000キロに渡っています。


ここには、「ビクトリア湖」「タンガニーカ湖」「マラウイ湖」の、
3つ大きな湖があり、どの湖にも、100万年以上の歴史があります。


この湖は、「古代湖」とも呼ばれていて、
魚たちが類まれな進化を遂げてきました。


色や形、大きさ、にいたるまで、様々な熱帯魚が生息しています。


その中でも、「シクリッド」と呼ばれる魚の仲間は、
3つの「古代湖」に、1800種近く存在します。

きれいな見た目ですが、気性が荒く、争いごとも絶えません。

生存競争も熾烈で、捕食者も様々な行動で獲物を狙います。

砂の中に身を潜めるものや、死んだふりをするものなど、
人間顔負けの、高度な知恵を使います。

この魚たちの進化は、どのようなものだったのでしょうか?


今から1000万年前のアフリカ大陸で、
マントルが上昇し、地殻が東西に裂け、大地溝帯が誕生しました。

この裂け目に、水が流れ込んでできた湖が「タンガニーカ湖」です。

通常、湖は、回りから流れ込む土砂で、1万年程で埋まってしまいますが、
「タンガニーカ湖」は、裂け目にできた湖の上、
現在も裂け続けているため土砂で埋まることはありません。

「古代湖」では、長い時間をかけて、魚たちが不思議な進化を遂げてきたようです。


本編の内容はここからが本番ですが、
私用のため、本日はここまでで失礼致します。


予告編で得た情報が確認できるページをご案内しておきます。


↓ ↓


ホットスポット 最後の楽園「アフリカ古代湖」(2)


毎度のことですが、本編、詳細の続きが書けていません。m(_ _)m



人気ブログランキングに参加しました。


人気ブログランキングへ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
第5回「東アフリカ・神秘の古代湖 ~怪魚たちの大 ブログトップ
アミノ酸でエイジングケア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。