So-net無料ブログ作成
第1回「マダガスカル 太古の生命が宿る島」 ブログトップ

ホットスポット 最後の楽園 第1回「マダガスカル 太古の生命が宿る島」 [第1回「マダガスカル 太古の生命が宿る島」]

ホットスポット 最後の楽園 第1回 「マダガスカル 太古の生命が宿る島」

ついにホットスポット 最後の楽園 第1回が放送されましたね!

今回の旅の舞台は「マダガスカル(Madagascar)」

「マダガスカル」には「福山雅治」さんも旅人として登場しました。

旅は「福山雅治」にとって創作活動の原点だそうです。

「マダガスカル」はアフリカ大陸の東、インド洋に浮かぶ大きな島です。


大きな地図で見る

アフリカといってもこの島にはライオンや像などはいません。

しかしここには独自の進化を遂げた多種多様な生きものたちが生息しています。

旅はその象徴的な生きもの「インドリ(Indri indri)」に出逢うところから始まりました。

場所はペリネ保護区にある「マンタディア・アンダシベ国立公園」

森の奥深くから聞こえる奇妙な泣き声

歩き始めて1時間「福山雅治」さんは突然出逢います。



大きな泣き声ですね!

「福山雅治」さんも「インドリ」の鳴き声にビックリされていました。

「インドリ」の泣き声は縄張り宣言だそうです。

「インドリ」はキツネザルの仲間で、キツネザルは「マダガスカル」

だけに住む原始的なサルです。

キツネザルは「マダガスカル」で爆発的な進化を遂げ、

80種近くの仲間がいます。

次に紹介されたのが「チャイロキツネザル(Brown Mouse Lemur)」



なかなかかわいいですね!

こちらを御覧下さい。竹を主食とする

「ヒロバナジェントルキツネザル(Greater bamboo lemur)」です。



竹を食べるサルは極めて珍しいそうです。

そして長い尾のしま模様が特徴の「ワオキツネザル(Lemur catta)」



とにかく尾が長いですね!こちらは見たことあるのではないでしょうか?

30匹にもなる群れで暮らしているそうです。

こちらは「ベローシファカ(Propithecus verreauxi)」



ダンスが得意なのでしょうか?

そして日暮れとともに活動を始める

ネズミキツネザル(Microcebus myoxinus)



体調はわずか10cmだそうです。

そして「アイアイ(Daubentonia madagascariensis)」



歌にありましたね!

ちょっとイメージ違いますか?

番組では木の幹を指でたたいてカミキリムシの幼虫を探して

食べたり、ジャックフルーツを夢中で食べてました。

番組で登場した不思議な生きものたちの紹介でした。

この不思議な生きものたちはどのようにして生まれてきたのでしょうか?

番組ではこの生きものたちがどのように生まれてきたのか

解りやすく解説されていました。

今日は遅くなってしまったのでこのへんで....

*記事中の動画は番組とは関係ありません。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
第1回「マダガスカル 太古の生命が宿る島」 ブログトップ
アミノ酸でエイジングケア

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。